アニメニティ

アクセスカウンタ

zoom RSS トップをねらえ2! & トップをねらえ! 合体劇場版BOX (初回限定生産)

<<   作成日時 : 2007/02/04 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トップをねらえ2! & トップをねらえ! 合体劇場版BOX (初回限定生産) (商品イメージ)
トップをねらえ2! & トップをねらえ! 合体劇場版BOX (初回限定生産)
物質を粒子化して転送する技術に長けており、ふだんはディスヌフを呼び寄せるのに使っているが、他の物体を転送して敵を攻撃したりすることも可能(第5話では雷王星の中心核を変動重力源に直撃させた)。宇宙軍総兵力は90万人、宇宙用戦闘艦776隻(旧軍の銀河中心殴りこみ艦隊残存艦約2,000隻の軍艦のうち、ヱルトリウムがその姿を確認できるが、実際に就役しているわけではなく、凍結されて太陽系外に停止している姿が映像で映し出されるだけ。
第2話で火星軍の戦艦ララァシャンに搭乗し、「怪獣捜査官」(ラルク)に対する査察を担当、直後に艦隊を率いてビーストロン級宇宙怪獣と交戦。服役後は宇宙軍に所属、変動重力源との最終決戦が最初の任務となる。このため、前作の後の世界では縮退炉の技術が宇宙怪獣を引き寄せるものとして封印され、人類の側で存在するワープ技術は7号が生成するものと、バスター軍団、凍結艦隊が装備しているものだけとなってしまった(実際に運用されているのは7号とバスター軍団のみ)。
宇宙怪獣の場合は、この能力を用いることで宇宙服なしで生物のまま宇宙空間を亜光速で航行でき、また縮退炉なしでワープし、亜空間においてもレーダーなしでお互いや敵の位置を知ることができ、更にはエネルギー弾として使用できるなど、人間のトップレス能力者とは一線を画している。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トップをねらえ2! &amp; トップをねらえ! 合体劇場版BOX (初回限定生産) アニメニティ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる